トイレのしつけに悩む人は多い

efa62b5e21b3b388964ec564c56fb553_s

桃子

あたちの飼い主様はトイレを覚えて欲しいみたいね、あたちのトイレにする場所はあたちがしたいときにしてきたわ。

 

室内のどこでもしちゃうからよく怒られちゃう。今までもそうしてきたから癖になっちゃって・・・。

 

早く覚えないとなーーー。

 

うさぎさんがトイレの場所を覚えてくれない、折角専用のトイレを用意しているのにそこではせずにケージの中の別の場所でしてしまう。

 

部屋の中でいたるところをトイレにしてしまって掃除が大変。などトイレのしつけに関するお悩みを抱えている飼い主の方が非常に多いです。

 

それもそのはず、トイレを完璧に出来るっていうのはとてもすごいことなんです。なので覚えるのに苦労をして当然なので覚えてくれるまでには試行錯誤が必要になります。

 

諦めずに時間をかけてできるようになるまで向き合っていきましょう。

 

トイレのしつけ

 

もともとうさぎさんはアナウサギと呼ばれる野生の品種を飼うさぎとして品種改良していったものなのでアナウサギがどのようにトイレをしていたかを見ていきます。

 

野生のアナウサギは土を掘ってトンネルを作り、様々な部屋を地中に作って過ごしていました。子育ての部屋もありますし、寝るための部屋もあります。

 

そしてトイレをする場所もあります。ということはうさぎさん達は自分でトイレの場所を決めてすることが出来るということです。

 

習性としてトイレを決まった場所に決めてすることが分かりました。でもうちの子はしてくれない、それには原因があります。

 

匂いを利用する

 

うさぎさんはトイレの場所を匂いで判断しています。なので中々トイレの場所をトイレとして認識してもらえない子にはおしっこの匂いのついたティッシュをトイレの中に入れて置きます。

 

そうすることで嗅覚が敏感なうさぎさんはここがトイレなんだと判断できるようになります。

 

トイレの自体を工夫する

 

トイレにも様々な種類があります。三角系のもの、四角系のもの。床が金網のもの、プラスチック製のもの、材質が陶器製のもの、プラスチック製のものなど

 

トイレと一言でいっても色々な形がありますのでご自身の子にあったものを見つけてあげる必要があります。

 

狭すぎたり高すぎたり

トイレの広さが狭すぎてお尻がトイレからはみ出してしまっている事があります。そうなると肝心の糞がトイレに落ちないということになりますのでうさぎの体格にあったサイズを選びましょう。

 

トイレに入る段差が高すぎるために入るのが億劫になっている可能性があります。なかなかトイレに入りたがらない場合は狭すぎたり、段差が高すぎる可能性があります。

 

トイレの床材が気に入っていない

 

うさぎさんを家にお迎えしたするまでに育っていたペットショップやブリーダーの家でトイレをどのような場所でしていたか聞いてみましょう。

 

特にトイレを設置していなくケージの網の上でしていた。牧草を床に敷き詰めてそこでしていた・・・など。あなたが知らない時、まだ家にお迎えしていない時にすでに排泄をする場所にこだわりを持っている可能性があります。

 

そんな子には今までしていた場所を再現する。ウサギは足の裏でトイレの感触を覚えます。床材が網のところでしていた子にはトイレを網タイプに変える。

 

牧草の上でしていた子にはトイレを覚えてくれるまで牧草をトイレの上に敷いておくようにすると感覚が覚えていますので排泄が促されます。

 

トイレで遊んでしまう

トイレを自分で動かして好きな場所に移動させていったり、かじったりしてといれで遊んでしまう子にはといれで遊べないようにすることが大切です。

トイレを移動できないように上も下も固定しておく。トイレをかじる子には陶器製のものにするなどの対処法が必要になります。

 

 

部屋の中で遊ばせる時の注意点

 

うさぎさんの待ちに待った時間と言えばお部屋探索です。ケージから出され、所狭しと走り回り室内を探索する時間はとても楽しみな時間です。

 

そのため興奮してあたりかまわず排泄する子もいます。あまりにも自由にお部屋遊びをさせているとウサギは縄張りを広げたいという習性がありますのでマーキングをします。

 

自分の匂いをいたるところにつけて

桃子

ここのエリアはあたちの場所なんだから

 

と縄張りを広げていきます。そうならないためにもサークルで遊べる範囲を区切るということで、ウサギが縄張りを必要以上に広げようとしない工夫をすることでマーキングのための排泄は減ります。

 

お部屋遊びの時はトイレのあるケージの部屋で遊ばせるようにしましょう。そうしないと排泄をしたくても近くにトイレがないからできない状態になり、しかたないからしたくなった場所でするようになります。

 

なのでトイレをしたくなったら戻れるようにケージのある部屋で部屋んぽをさせてください。

 

ウサギの膀胱は小さい

 

うさぎの膀胱は小さいため個体差よりますが頻繁におしっこをします。よくうさぎさんを観察しているとトイレがしたくなった時に急にそわそわしだしたり、しっぽをヒクヒクさせたりするなどの行動が見られます。

そういった行動がみられたらトイレに連れて行きおしっこをしてもらいます。リラックスをした方が排泄してくれるので上手にしてもらうように頭をなでなでしてあげましょう。

 

トイレを覚えなくても焦らない

 

トイレの場所を完璧に覚えてそこでしかしないという子も実際にはいます。いつもはトイレでしてくれるけれど時々トイレ以外の場所でしちゃうなどいろんな子がいます。

 

うさぎさんの性格から見ればトイレでしか100%しないうさぎさんはかなりの神経質な場合があります。無理に強要させすぎるとストレスになっている可能性も・・・。

そのためストレスが溜まりやすい性格である場合が多いようです。

 

逆にいたるところをトイレにしてしまうような子はストレスに強い、ある意味怒られても気にしない大らかで鈍感な子とも言えます。

 

トイレに失敗した時の掃除

 

ウサギは匂いでトイレの場所を覚える習性があるため一度した場所は匂いでトイレと判断します。そのため失敗してトイレ以外のところで排泄をしてしまったときはその匂いを消し去る必要があります。

 

そうしないとまたしてはいけない同じ場所でトイレをするようになります。

 

ウサギは嗅覚が発達しているので布巾で拭き取るだけでは効果がありません。残っている匂いを嗅いでトイレにしてしまうのでしっかりと匂いを取りましょう。

 

部屋の中でしてしまったときはしっかりと拭き取ったあとに消臭スプレーをしておきましょう。

 

その時選びたい消臭スプレーは匂いで匂いを覆い被せてごまかすタイプではなく、根本から消し去るものにしましょう。

 

なので専用のスプレーを使います。

 

ウイルスや細菌も除菌でき、尚且つアンモニアの臭いも消臭してくれるもの。植物性のものでうさぎちゃんにも安心なタイプ。

 

柿タンニンを使用して消臭効果が長持ちするタイプなど色々なタイプのものが売っています。

 

まとめ

 

トイレを決まった場所でしてくれない原因は様々ありましたね。決まった場所で覚えてくれないからといって強く叱りつけて怒ったりしてはいけません。うさぎさんがびっくりしてしまいますし、何よりも信頼関係が崩れ去ってしまいます。

 

うさぎの習性として縄張りを広げたいというものがありますので失敗しても多めに見てあげてみるのも必要かもしれません。うさぎの好みに合わせたトイレ選びをしてみましょう。