牧草の好き嫌いをなくそう

4e195aac6d3330e49bcfc47e72c94b25_s

桃子

えーーー!またチモシー(´・ω・`)ガッカリ…

 

毎日チモシーばっかりでやんなっちゃうよ。あたちは毎日ニンジンさえもらえればいいから牧草なんて食べたくないんだからね。

 

もうこうなったら意地でも食べてあげないんだからプンプン

 

うさぎちゃんが牧草を食べてくれない、今までは沢山食べてくれていたのに急に食べてくれなくなった一体なんでなんだろう?

 

うさぎちゃんは人間の言葉は話せませんのでこういった理由があるから食べないのよ、と分かりやすく教えてはくれません。

 

なので私たち飼い主がいかにしてうさぎちゃんの気持ちを感じ取り対応していくかが牧草を食べてくれるようになるためには必要となります。

 

牧草を食べないことによる健康状態

 

うさぎさんにとっては牧草はなくてはならない存在です。

 

牧草には多くの繊維質が含まれています。繊維質を取り込むことによって腸の動きを活発にし、排泄を促す作用がありますので毛球症の予防にも必要不可欠。

 

また腸の中にある発酵に適していないものもこの繊維質と一緒に硬糞として排出されますので腸内環境を整えてくれる作用もありますのでストレスの軽減にも繋がります。

 

ご存知うさぎの歯は人間の歯と違い伸び続けますので歯の長さを調節しないといけません。牧草を食べることによって歯が伸びすぎてしまうことを抑えることが出来ます。

 

よく噛んで食べることに繋がっていきますので不正有咬合の予防にも一役立ちます。

 

いいことだらけの牧草です。

 

牧草を食べない理由

 

牧草を食べてくれないのにも様々な理由があります。皆様のうさぎちゃんはなんで食べてくれないのでしょうか?

 

うさぎによっても好みの牧草がある

 

一口に牧草といっても様々な種類があります。我が子であるうさぎにあった牧草を見つけてみましょう。

 

マメ科
  • アルファルファ
  • クローバー

マメ科の方がイネ科のものに比べますと高タンパク質で高カルシウムなので栄養価が高い牧草になります。また嗜好性も高いので食用がなさそうだな時にあげてみると食べてくれます。

栄養価が高いため生後1歳未満の成長期に与えるといいです。

 

イネ科

よく子供の頃に猫じゃらしで友達のほっぺたをくすぐって遊んでいたことを思い出します。原っぱとかに生えているこの猫じゃらしもイネ科になります。

 

  • チモシー
  • イタリアンライグラス
  • オーチャードグラス
  • クレイングラス
  • オーツヘイ
  • バミューダグラスヘイ

 

イネ科のものにも色々な種類が存在します。チモシーが苦手でも別のものなら食べれる子も。チモシーにも1番刈りから2番刈り3番刈りと存在します。

 

どれも嗜好性から栄養価まで変わってきますのでご自身のうさぎちゃんにあったものを選びましょう。

 

牧草をあげすぎていないですか?

 

うさぎに関する本を読んでいると牧草は食べきれないほどの牧草を一気に与えても問題ありません。ドンドン与えてあげましょう。

 

と言ったことが書かれていたりしますが、ある意味正解ですが。本当にそれは良いことなんだろうかと疑問に思います。

 

うさぎちゃんに自分がなったと考えてみれば分かりやすいと思います。飼い主さんが食べきれないほどの牧草をエサ入れに入れた。

 

桃子

こんなにあるんだから稲の穂先の美味しい部分だけ食べちゃお、ほかの部分は美味しくないからいらないや。

 

となり嫌いな部分は残してしまいます。

 

また大量の牧草を入れたので当然余ります。牧草も長時間空気に触れていると香りも飛び美味しくなくなってしまいます、尚且つ湿気てしまったりしてもはや食べられる代物ではなくなってしまいます。

 

飼い主さんから見ればいつもの変わらぬチモシーですがうさぎちゃんにとっては味の落ちたチモシーなので興味がありません。

 

 

対策

できるだけ新鮮なもので食べきれる量を与える。

 

鮮度を保つ、嗜好性を保つため、袋から出したてのものをあげる、残りはしっかりと封をしてしまっておく。

 

食べきれる量の牧草を与えることで美味しい穂先だけを食べるのを防ぐ、これだけしかないから全部食べないとお腹いっぱいにならないよと分からせましょう。

 

もうちょっと食べたいなと思うくらいの量でちょうどいいです。

そして食べ終わったらまた牧草を入れてあげてください。食べきったらまた次の牧草が食べられると分からせましょう。

 

数種類の牧草を与えておきましょう

 

1種類の牧草しか上げていなかった場合にその唯一の牧草を体調の変化で食べなくなってしまったということが起こります。

 

なので常日頃から牧草は数種類を食べさせる習慣を身につけさせておきましょう。

 

色々な種類の牧草を混ぜてあげるという形ではなく、朝の食事は○○産地の1番刈りの牧草。昼は○○産地の2番刈り。夜は○○産地の3番刈りのように分けて与えます。

 

もし混ぜて与えてしまうと自分の好きな部分だけを探して食べて他は残すということになります。人間だって同じですよね(笑)

 

自分の苦手なものは残してしまいます。

でもそれしか食べるものがなかったら食べますよね(笑)

 

牧草をあげるタイミング

 

ペレットを上げる前に牧草を上げるのが良いタイミングと言えます。牧草には腸内を活発にさせる効果がありますので消化活動が活発になり後に食べるペレットの吸収率も上がります。

 

牧草入れにも気を使ってあげて

 

新鮮な牧草を与えているのになんで食べてくれないのだろうか?

 

それはもしかしたら牧草入れに問題があるのかもしれません。牧草入れにも壁に掛けたものから引き出すタイプのものや、器に入れるものまであると思います。

 

食べにくいエサ入れは牧草を食べたいという気持ちが薄らいでしまいます。なので無理に牧草を何かの入れ物に入れるよりは直に床に置いて食べてもらうほうが食べやすいので。

 

原因が見当たらない場合はエサ入れを変えてみるのも必要です。

 

美味しい牧草を上げる工夫

牧草の香りをより出して上げることにより嗜好性を高め興味を引きつけましょう。

  • 牧草を切る
  • レンジでチンする
  • 叩く、潰す

 

こうすることにより牧草の断面が崩れるので香りが出やすくなります。牧草は美味しいものなんだと思ってもらえるように工夫しましょう。

ペレットやおやつを与えすぎかも

 

肝心の牧草を食べる前にペレットやおやつを食べているのでは後から牧草をもらっても興味がなくなっていて当然かと思います。

 

あげる順番はかなり大切なポイントとなります。

 

ペレットの与える量も適正な量が与えれているか、多くはないだろうか見てみましょう。今上げているペレットは甘さが含まれていたり穀類が含まれているなど嗜好性が強すぎるものではないかの確認もしましょう。

 

体調を崩している

 

牧草に問題があるのではなく体調の変化により食欲がなくなっている可能性もあります。特に季節の変わり目などはうさぎちゃんも体調を崩しやすいです。

 

室内を15度から22度くらいの間に保てるようにしておきましょう。その温度帯が一番過ごしやすく快適な温度となります。

 

まとめ

 

うさぎちゃんは生まれた時から好き嫌いがあるのではありません、ペットショップにいるときにペレットしか与えられていない子は誰かに飼われるようになった時に牧草をあまり食べなかったり、また牧草しか与えられなかった子はペレットをあまり食べなかったりもします。

 

なので食べ物の好き嫌いは人間が作り出してしまったものになります。小さい子うさぎの時から好き嫌いのないように満遍なくいろんな種類のものを与えてみてください。