プリングルスのポテトチップスに興味津々のうさぎさん。見事取り出しやすいように倒すことに成功し頭を筒の中に入れる姿がとてもキュートです。

 

苦労して手に入れた一枚のポテトチップスを安全な部屋の隅の場所に持っていき食べる(笑)誰も取らないでしょ(笑)

 

このポテトチップスを奪い取る人は冷血で人の心を微塵も持たない悪の心に支配されたものであることは言うまでもありません。

 

うさぎは世界から争いをなくす!

 

それほどまでに愛くるしく可愛い生き物であるという事はこの動画を見ていただければ疑いようがなくなる事でしょう。

 

ウサギさん達は自分自身がどれだけ可愛くて愛くるしいかを自分でよくわかっていると思う。悪さをしてもテヘペロで許されるし、ポテトチップスを食べてもだって欲しかったんだもんと言った目をして見てくる。

 

そのまなざしで見られてうさぎさんを叱れる人はなかなか存在しない。未だ私は合ったことがない、もう仕方がないなと許してしまうのが私たち人間だ。

 

ウサギさんは私たちに飼われているという自覚は一切ない(笑)

 

これは飼っていてそうつくづく感じていることなんだけど・・・逆に私たちが飼われているのでは?掌で操られているのではないかと思わされる。

 

可愛さを振りまくことで餌を要求し、おやつを要求し、それにまんまと引っかかってしまう飼い主の私(笑)まぁ毎日これだけ癒されているんだから感謝しないとなと思いながらウサギさんと接しています。

 

ウサギさんも毎日これだけ癒してあげているんだからもっといっぱいおやつをくれよなと思っているでしょう。だって奴らは自分自身で可愛いのを分かっているあざとい性格の持ち主なんですから。

 

しかしそれを分かってはいても逆らう事の出来ない。分かっていてもどうしようも出来ないほどの可愛さなのでもうどうしようも出来ません。

 

変えられないことを受け入れる勇気も必要である

 

とかつてどこかの国の偉人は言いました。これからもうさぎさんの可愛さに振り回されて生きて行こうと思った動画なのでした。